小林繁伝

プロ初完封の裏にあった「神様の叱咤」 虎番疾風録其の四(33)

1974年当時の小林=後楽園球場
1974年当時の小林=後楽園球場

入団2年目の昭和49年、小林は開幕から1軍に定着し8勝5敗2S、防御率2・42の好成績をあげた。

G番記者たちからは〝堀内の後継者〟とみられていた。当時、巨人の担当だった東京スポーツの中村康博先輩はこう回想した。

「身体が細くてなぁ、みんなから〝ヤセ〟とか〝骨〟って呼ばれていたよ。でも、気の強い男で『この体でもノンプロ(全大丸)時代は完投で連投したこともあるんです!』といつも、口をとんがらせて怒っていた」

リリーフで2勝を挙げていた小林に5月26日の広島戦「先発」が命じられた。プロ初先発である。当時、広島は別当薫監督の後を受け森永勝也が監督に就任。Bクラスに苦しんでいた。それでも打線は強烈。この時のスタメンは―

①深沢(右)②上垣内(三)③山本浩(中)④衣笠(一)⑤三村(二)⑥ヒックス(左)⑦水沼(捕)⑧木下(遊)⑨大石(投)


◇5月26日 広島市民球場

巨人 000 201 001=4

広島 000 000 000=0

(勝)小林3勝1敗 〔敗〕大石2勝2敗

(本)王⑬(大石)


小林は一回、いきなり先頭打者・深沢の右ひじにぶつけた。並の投手なら腕が縮こまるところだが、小林は「あれは避けられる球。だから気にしなかった」と言ってのけた。

外角への速球と大きなカーブ。切れのあるシュートで広島打線を翻弄(ほんろう)。5安打散発7奪三振1死球。プロ初先発を完封で飾ったのである。

実は好投の裏には〝神様の叱咤(しった)〟があった。初勝利を挙げた翌日4月21日のこと。小林は川上監督から「監督室に来るように」と呼ばれた。きっと褒めてもらえるんだ…。そんな気持ちで部屋に入った。とたん―

「こら、貴様! 一つ勝ったぐらいでチャラチャラしとるんじゃないぞ。馬鹿者が!」

小林は直立不動で震え上がった。その日は中日2回戦(後楽園)が雨で中止となり、練習を終えた小林は先輩たちに翌日の切符の手配を頼まれ、チケットを持って球場受付あたりを行ったり来たり。それを川上監督はみていたのだ。

小林が「エース」への歩みを始めた。(敬称略)

■小林繁伝34

会員限定記事会員サービス詳細