米、露中「ただ乗り」に強硬 G20やIMF排除迫る

IMFの外を歩くスナク英財務相=20日、ワシントン(AP=共同)
IMFの外を歩くスナク英財務相=20日、ワシントン(AP=共同)

【ワシントン=塩原永久】20日に開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、ウクライナに侵攻したロシアの排除を求める米欧日と、ロシアや同国支援に回る中国との対立を背景に、成果の乏しい討議に終始した。米国はG20をはじめ多国間枠組みからのロシア排除を推し進める構え。米国では、国際機関のもとで恩恵にあずかる「ただ乗り」を続けてきたロシアと中国への姿勢が硬化している。

会議は戦時下の「異常な状況」(インドネシアのムルヤニ財務相)の中で開かれた。欧米メディアによると、対面参加したロシア代表を前に、ロシアとの同席を拒む姿勢を示してきたイエレン米財務長官が強い不満を表明。別の参加者がロシア代表に戦争の即刻停止を自国に伝えるよう迫るなど緊迫した。

G20閉幕後に会合を開いた先進7カ国(G7)の声明は、国際通貨基金(IMF)や世界銀行の対露融資を断ち、国際機関や多国間枠組みがロシアに関与することのないよう要求した。

米議会でもIMFなどの国際機関が露中に厳しい運営方針を採るべきだとの論調が強まる。超党派グループが最近、ロシアへの融資を封じるよう米政府に求める法案を提出。別の議員団は、中国の金融機関がロシアの制裁逃れを支援した場合、資産凍結などの懲罰を科す法案をまとめた。

こうした法案作成者の一人、ヒル議員(共和党)は20日の討論会で、大国化した中国が影響力を発揮し、国際機関の運営を「支配しようとしている」と警戒感をあらわにした。

一方、世銀のマルパス総裁は20日、エネルギー調達や製造業の供給網で世界がロシアや中国に「過剰に依存」してきたとし、「依存を減らしてく」のは「必要なステップだ」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細