米中が初の国防相会談 台湾、ウクライナ情勢で応酬

中国の魏鳳和国務委員兼国防相(ロイター=共同)、オースティン米国防長官(ゲッティ=共同)
中国の魏鳳和国務委員兼国防相(ロイター=共同)、オースティン米国防長官(ゲッティ=共同)

【北京=三塚聖平、ワシントン=渡辺浩生】中国の魏鳳和(ぎほうわ)国務委員兼国防相は20日、オースティン米国防長官と約45分間にわたり電話会談した。魏氏は「台湾問題をうまく処理しなければ、両国関係を転覆させるような影響をもたらす」と述べ、台湾への関与を深める米国に警告を発した。

バイデン米政権下で米中国防相会談が行われるのは初めて。中国国防省の発表によると、会談は米側の要請で実施された。魏氏は「ウクライナ問題を利用して中国を中傷し、罪を着せ、威嚇や圧力を加えてはならない」と反発した。

一方、米国防総省は電話会談について「米中の防衛関係、地域の安全保障問題、ロシアによるウクライナへの一方的な侵攻について議論した」との声明を発表した。同省高官は「(米中間には)幅広い課題がある。インド太平洋地域の安全保障問題が話し合われたのは明白だ」と語った。

オースティン氏は魏氏に対し、台湾への軍事的威圧への警戒感を伝えるとともに、ウクライナを侵略したロシアを支援しないようクギを刺したとみられる。

バイデン政権は新国家防衛戦略で中国によるインド太平洋地域の現状変更の抑止を優先事項に位置づけたほか、3月中旬の米中首脳電話会談では、ロシアへの武器供与は「重大な結果を招く」と警告していた。

会員限定記事会員サービス詳細