G20、対露抗議で米欧が退席 財務相・中銀総裁会議、共同声明見送り G7「露参加は遺憾」

財務相・中央銀行総裁会議は閉幕。ウクライナ侵攻を続けるロシアへの対応をめぐって参加国間に亀裂が生じた(AP)
財務相・中央銀行総裁会議は閉幕。ウクライナ侵攻を続けるロシアへの対応をめぐって参加国間に亀裂が生じた(AP)

【ワシントン=塩原永久】20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議が20日、米首都ワシントンで開かれた。ロシアのウクライナ侵攻と世界経済への影響が主に討議された。ロシア代表の発言時、抗議として米欧の一部参加者が一斉退席した。対露非難を避ける中国などとの亀裂は深く、議長国のインドネシアが共同声明の作成を見送る異例の展開となった。

G20閉幕後、先進7カ国(G7)は会合を開き、ロシアのG20参加を「遺憾」とする声明を発表。G20や国際機関は「もはやロシアに関わる活動をすべきではない」と警告した。

G20、G7の会議には日本から鈴木俊一財務相と日銀の黒田東彦総裁が出席した。

G20にはロシアからシルアノフ財務相がオンラインで参加し、現地の会場では財務省高官が出席した。

ロシア代表の発言時に退席したのは、米国のイエレン財務長官や連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長、カナダのフリーランド副首相兼財務相、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁と、会議に招待されたウクライナのマルチェンコ財務相ら。鈴木氏や黒田氏は同調しなかった。

シルアノフ氏は「G20は経済協議の場だ」と述べ、退席した欧米側を牽制(けんせい)した。

インドネシアのムルヤニ財務相は閉幕後、多数の参加国が、侵攻を「言われがなく正当化できない」と非難したと明らかにした。すみやかな戦争終結を迫る声も上がったという。

ムルヤニ氏は、戦争が新型コロナウイルス危機後の景気回復を妨げているとの見方を参加国が共有したと指摘。食料やエネルギー価格上昇への対応や、保健分野も議論したと説明した。

会員限定記事会員サービス詳細