阪神4連敗、代打逆転満塁弾が出ても勝てず

【DeNA-阪神】四回、代打起用に応え、左越えに逆転満塁本塁打を放つ阪神の小野寺=横浜(松永渉平撮影)
【DeNA-阪神】四回、代打起用に応え、左越えに逆転満塁本塁打を放つ阪神の小野寺=横浜(松永渉平撮影)

「なかなかうまくいかんね。歯がゆい」。矢野監督の言葉にすべてが凝縮されていた。阪神は投打の歯車がかみ合わず、六回途中降雨コールド負け。指揮官が抜擢(ばってき)した選手が相次いで躍動したが、勝利を引き寄せられなかった。

三回無死一、三塁で、今季初先発の熊谷が犠飛を上げて先制。1-3と逆転された直後の四回は、代打に起用された育成出身の3年目、小野寺が値千金の逆転満塁本塁打を左翼席に放り込んだ。「今年何もできてなかったんで、なんとかチームの力になろうと思っていた」と小野寺。伏兵の活躍でベンチは盛り上がったが、2番手で登板した馬場の乱調が誤算だった。

逆転した直後の守り。楠本にソロを浴びて1点差とされると、五回2死二、三塁から自らの暴投でたちまち同点に。さらに藤田に勝ち越し打、大田にも適時打を許して突き放された。

打線が5点を奪ったのは3日の巨人戦以来。明るい材料が見えただけに「馬場にもう一人、もう一人(任せた)というところがこういう結果になった。それは俺も受け止めなあかん」と矢野監督。ベンチの責任を認めるしかなかった。(上阪正人)

会員限定記事会員サービス詳細