<独自>維新と国民民主が再協議 相互推薦で馬場、前原両氏ら会談

20日、合意文書にサインする日本維新の会の馬場伸幸共同代表(中央右)と国民民主党の前原誠司代表代行(同左)ら(矢島康弘撮影)
20日、合意文書にサインする日本維新の会の馬場伸幸共同代表(中央右)と国民民主党の前原誠司代表代行(同左)ら(矢島康弘撮影)

夏の参院選で限定的に相互推薦を行うことを決めた日本維新の会と国民民主党が21日、合意文書をめぐり再協議を行った。国会内で維新の馬場伸幸共同代表と、国民民主の前原誠司代表代行、榛葉賀津也幹事長が会談した。

文書をめぐっては、「企業団体献金の禁止」「政権交代を実現して日本再生のために尽力する」などの表記に関して国民民主内で了承が得られていなかったため、国民民主側が再協議を要請した。

関係者によると、3氏は合意文書の趣旨を説明する解説文書の作成などをめぐり意見交換したという。維新と国民民主は20日、静岡選挙区(改選数2)と京都選挙区(同)で相互推薦を行うことで合意していた。

会員限定記事会員サービス詳細