伊原六花“脱力タイムズ”初出演で華麗なダンス披露

河本準一の隣で軽やかなダンスを披露する伊原六花(C)フジテレビ
河本準一の隣で軽やかなダンスを披露する伊原六花(C)フジテレビ

女優の伊原六花(22)が22日放送のニュースバラエティー「全力!脱力タイムズ」(金曜後11・0、フジテレビ系)に初出演。自ら持ち込んだ特別企画でダンスの魅力を猛烈にアピールし、同じくゲストで約1年ぶりに登場した河本準一(次長課長)を動揺させる一幕があった。

初出演を喜んだ伊原六花(C)フジテレビ
初出演を喜んだ伊原六花(C)フジテレビ

今や中学校体育の必修科目でもあるダンス。しかし、大阪・登美丘高校ダンス部出身で荻野目洋子、郷ひろみのバックダンサーとして一世を風靡した伊原は「ダンスに対する世間の関心度はまだまだ十分ではない」と訴え、「もっと多くの人々、特に子供たちの世代にダンスのすばらしさを伝えたい」とアピール。華麗なダンスを披露するが、予期せぬ波乱の展開が次々と巻き起こる。

発売中の写真集「R22」が好評の伊原は収録後、「作り込まれた世界観と何も知らない芸人さんとの化学反応みたいなものが他の番組にはない魅力」と待望のオファーに大喜びした。

実際に出演してみて「もう少しうざいキャラクターでいってもよかったのかな」と笑いながら反省しつつ、うまくいったところは「やっぱり、ダンスでしょうか(笑)。振り付けも今回のために自分で考えて一生懸命やらせていただいた」と胸を張った。

初共演の河本には「優しいのにあんなに追い詰めちゃってすみません(笑)」と恐縮し、MCのアリタ哲平(くりぃむしちゅー・有田哲平)については「真ん中にいて番組を動かしている姿がすごくかっこよくて頼もしかった」と尊敬のまなざしを送った。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細