山田千遥が予選トップ、宮田笙子2位 全日本体操が開幕

女子個人総合予選 山田千遥の段違い平行棒=東京体育館
女子個人総合予選 山田千遥の段違い平行棒=東京体育館

体操の世界選手権(10~11月、英リバプール)などの代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権は21日、東京体育館で開幕し、女子予選で2018年ユース五輪代表の山田千遥(ちはる)(朝日生命ク)が4種目合計53・498点で首位に立った。宮田笙子(しょうこ)(鯖江スクール)が53・432点で2位、笠原有彩(ありさ)(レジックスポーツ)が3位につけ、畠田千愛(ちあき)(セントラルスポーツ)は8位。23日に決勝が行われる。

今大会限りでの引退を表明していた12年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪代表の寺本明日香(ミキハウス)は跳馬を除く3種目、東京五輪代表の畠田瞳(セントラルスポーツ)は床運動のみの演技となり、ともに決勝には進めなかった。

東京五輪代表の平岩優奈(イーグル)は腰痛などの影響で平均台、床運動の2種目のみとなった。

会員限定記事会員サービス詳細