トーチ演舞でやけど 生徒が名古屋市を提訴へ

名古屋市役所=名古屋市中区
名古屋市役所=名古屋市中区

名古屋市守山区の市立中学校の校庭で令和元年7月、火の付いた棒を振り回す演舞「トーチトワリング」の練習中に当時2年の男子生徒(16)が右腕にやけどを負った事故があり、指導教諭が安全配慮義務を怠ったとして、生徒と両親が市などに損害賠償を求め、近く名古屋地裁に提訴することが21日、代理人弁護士への取材で分かった。

代理人によると、市教育委員会のマニュアルに従わず、タオルに染みこませた灯油を十分に絞り切るなどの安全対策を怠ったなどと主張する方針。教諭らから「自業自得だ」「罰が当たった」などと責められ、精神的苦痛を受けたとして慰謝料も求める。

生徒は事故後、インターネット上で中傷されたり、自宅の郵便受けが荒らされたりするなどの被害に遭い、転居を余儀なくされた。

市教委は「安全への配慮が欠け、事故が起きたことを申し訳なく思う。訴状が届けば適切に対応したい」としている。


会員限定記事会員サービス詳細