自民・茂木幹事長「実行力は野党でなく自公」 緊急対策の意義強調

自民党の茂木幹事長
自民党の茂木幹事長

自民党の茂木敏充幹事長は21日、党静岡県連の会合で講演し、公明党と合意した令和4年度補正予算案編成を含む緊急対策の意義を強調した。「原油価格高騰などの課題にしっかり応えるための対策だ。実行力があるのは、ただ批判をしている野党ではなく、自公政権だ」と表明した。

公明党の石井啓一幹事長は、難航した緊急対策をめぐる自民党との協議について「最終的にお互いが納得できる形でまとまった。非常に良かった」と評価した。自民党内で補正予算案の国会審議に不安の声が出ていることには、岸田内閣の答弁は安定していると指摘。「野党に必ずしも有利には働かない」と述べ、問題はないとの認識を示した。

会員限定記事会員サービス詳細