露、新型ICBM発射実験に「成功」 米欧を牽制

ロシア北部プレセツク宇宙基地から発射された次世代の重量級大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」(ロシア国防省提供・ロイター=共同)
ロシア北部プレセツク宇宙基地から発射された次世代の重量級大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」(ロシア国防省提供・ロイター=共同)

ロシア国防省は20日、開発中の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」の発射実験を行い成功したと発表した。北西部プレセツクから発射し、ロイター通信によると、極東カムチャツカ半島の目標に命中した。露軍が侵攻したウクライナを支援する米国や北大西洋条約機構(NATO)を牽制(けんせい)する狙いとみられる。

実験の報告を受けたプーチン露大統領は「外部からの脅威に対するロシアの安全保障を確実にする」ものと評価し、「ロシアを脅かそうとする者」は「熟考」を迫られると語った。サルマトは核弾頭の搭載が可能で、米国のミサイル防衛(MD)網を突破できるとされている。

>米、露ICBM実験「脅威でない」 榴弾砲訓練開始

会員限定記事会員サービス詳細