沖縄古墳遺骨の返還認めず 京大が昭和初期に収集 京都地裁判決

沖縄の古墳から持ち出された遺骨の返還を求めた訴訟の判決で、京都地裁へ向かう原告ら=21日午後
沖縄の古墳から持ち出された遺骨の返還を求めた訴訟の判決で、京都地裁へ向かう原告ら=21日午後

琉球王家の子孫に当たる沖縄県民らが、昭和初期に旧京都帝国大(京都大)の研究者によって沖縄県の古墳「百按司墓」から研究目的で持ち出された遺骨の返還を大学に求めた訴訟の判決で、京都地裁は21日、請求を棄却した。原告側は控訴する方向で検討する。

増森珠美裁判長は「遺骨を墓に安置したいという心情には酌むべきものがある」と付言。遺骨の処遇は原告と京大の間のみでは解決できず関係機関を交え返還の是非を協議すべきだと提言した。

判決によると、1920~30年代、沖縄県北部の有力者らが葬られているとされる百按司墓から、研究者が複数の遺骨を持ち出した。原告側は、民法が「墳墓の所有権は慣習に従って承継する」と定める「祭祀(さいし)継承権」があると主張し、遺骨のうち京大が保管する26体の返還を求めていた。

増森裁判長は、原告の一部が琉球王家の子孫と認めた上で、原告は他の多数の子孫と同じ立場で祭祀継承者には当たらないと結論付けた。京都大による遺骨の管理について「死者を冒瀆(ぼうとく)する不適切なものではない」とし、慰謝料請求も退けた。

会員限定記事会員サービス詳細