浪速風

十把ひとからげでは

ロシアの芸術や文化活動の中止が世界で広がっている。バレエや音楽のコンサート、そしてコンクール。当初はやむをえまいと思っていたが、こうも右にならえで取りやめになると、十把ひとからげの「文化制裁」もいかがなものかといいたくなっていた

▶すると今度は、世界3大音楽コンクールの一つとして知られるチャイコフスキー国際コンクールが「国際音楽コンクール世界連盟」から除名されたという。ロシア政府からの資金提供が判断理由になっていて、ロシアの宣伝ツールの活動は許さないということらしい。ある意味、正しい考え方だが同時にとても難しいことでもある

▶まず、いかなる芸術家もロシア人だからと差別されるべきではない。ウクライナ侵攻の責任を負うべきはロシア政府なのだから。ただ、文化芸術の多くはなにかしらの援助やバックアップを受けているものだ。ケーキを切り分けるように、きっちりと分けられるものでもない。

会員限定記事会員サービス詳細