現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

夫婦別姓=親子別姓のジレンマ 歴史家・法学博士 秦郁彦

秦郁彦氏(阿比留瑠比撮影)
秦郁彦氏(阿比留瑠比撮影)

昨年秋の衆院選挙で与野党の政策論争になったこともあってか、選択的夫婦別姓制の導入をめぐる活発な論議が続いている。

現行の民法第750条は「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する」と規定している。いわゆる夫婦同氏(以後は俗称に従い夫婦同姓と呼ぶ)で、子も原則として親と同姓になる。

「別姓」の支持者が急落

ランキング

  1. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  2. 【主張】日米首脳会談 同盟で台湾防衛に当たれ 日本はIPEFに積極関与を

  3. 【産経抄】5月24日

  4. 【浪速風】北、メンツ優先のツケ

  5. 【浪速風】弱気の虫を吹き飛ばそう

  6. 【主張】侵略国ロシア 「北方の脅威」にも備えよ

  7. 【風を読む】「官の関与」に懸念がすぎる 論説副委員長・長谷川秀行

  8. 【正論】朝鮮民族は日本人が考えるような甘い民族ではない 韓国が企てる統一への反日戦略とは… 古田博司

  9. 【一筆多論】データを使えない日本 佐藤好美

  10. 【産経抄】5月23日

会員限定記事