2週連続V懸かる植竹「一打に執着」 フジサンケイレディス

第40回フジサンケイレディスクラシック・プロアマトーナメントに出場し、ティーショットを放つ植竹希望=静岡県伊東市の川奈ホテルゴルフコース・富士コース(佐藤徳昭撮影)
第40回フジサンケイレディスクラシック・プロアマトーナメントに出場し、ティーショットを放つ植竹希望=静岡県伊東市の川奈ホテルゴルフコース・富士コース(佐藤徳昭撮影)

女子ゴルフの第40回フジサンケイレディスクラシック(フジテレビ、産経新聞など主催)は22日、静岡県伊東市の川奈ホテルGC富士コース(6447ヤード、パー71)で開幕。前週のKKT杯バンテリン・レディースを制した植竹希望(のぞみ)は2週連続Vに向け「今週の試合に向けて切り替えている」と落ち着いた表情で話す。

前週はツアー史上最長の2時間に及んだ4人でのプレーオフを制してロッカールームに戻ると、自身の交流サイト(SNS)などに計580件もの祝福メッセージが届いていたといい、「その日のうちに全部返事はした」と笑う。

同じ「黄金世代」の畑岡奈紗が2017年に達成して以来となる初制覇からの2週連続優勝も期待されるが、「私はこつこつ地道にやるタイプ。まずは一打に対しての執着心を落とさないことが目標」と冷静に語った。

会員限定記事会員サービス詳細