国連総長、停戦へ訪問模索 露とウクライナに意向伝達

国連のグテレス事務総長(ロイター=共同)
国連のグテレス事務総長(ロイター=共同)

国連のドゥジャリク事務総長報道官は20日の記者会見で、ロシアのウクライナ侵攻を巡り停戦に向けた可能性を議論するため、グテレス事務総長がロシアとウクライナ両国への訪問を模索していると明らかにした。

ロシアのプーチン大統領、ウクライナのゼレンスキー大統領とそれぞれ会談したいとの意向を両国に書簡で伝達したという。グテレス氏は復活祭(イースター)に合わせた人道的停戦を呼びかけており、両国への働きかけを強めた。

国連は人道的停戦に向けてこれまでも両国と調整してきたが、交渉は難航しており、訪問が実現するかどうかは不透明だ。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細