慰安婦合意は「公式」 韓国外相候補、日韓関係立て直しに意欲

朴振議員(共同)
朴振議員(共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)次期政権の外相候補に指名されている朴振(パク・チン)氏は20日、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意について「公式合意だ」との認識を示した上で、「最も重要なのは被害者の名誉と尊厳回復のため、韓日が共に努力することだ」と強調した。記者団に語った。

尹次期大統領は文在寅(ムン・ジェイン)政権下で極度に悪化した日韓関係の早期改善を目指す立場だ。朴氏は、尹次期政権の代表団が24日から訪日するのを前に、日韓の正式な約束である日韓合意を土台に改めて関係を立て直す意欲を示した。

代表団メンバーには、韓国側の実務責任者として日韓合意に関わった当時の韓国外務省東北アジア局長、李相徳(イ・サンドク)元シンガポール大使が含まれている。これに対し、「被害者の意向を反映していない」と合意を批判してきた文政権の与党「共に民主党」や元慰安婦支援団体が、代表団の人選が不適切だと非難していた。

朴氏は20日、これに反論する形で、合意が日韓政府間の公式合意である点について「文政権でも認めている」と強調した。文政権は合意に否定的で、日本政府の拠出金で設立された財団を解散させたが、公式合意という点は認めてきた。

会員限定記事会員サービス詳細