ボードゲームに隠してオランダから合成麻薬密輸疑い 男2人を逮捕

オランダから合成麻薬MDMAとLSD計1キロ超(末端価格計約1500万円相当)を密輸したとして、愛知県警は20日までに、麻薬取締法違反(営利目的輸入)などの疑いで、前橋市文京町、塗装業、鈴木貴之容疑者(26)とフィリピン国籍で同市野中町、自称飲食業、ラオン・アルディ容疑者(26)を逮捕した。

逮捕容疑は共謀し、昨年6月29日、オランダからMDMAを含む粉末約1キロとLSDを含む紙片約16グラムを国際郵便で輸入したとしている。

県警によると、折り畳み式のボードゲームの中に隠された合成麻薬を名古屋税関職員が発見した。

会員限定記事会員サービス詳細