飲食店主死亡で3人起訴 傷害致死や傷害の罪 山形地検

山形市香澄町の飲食店で先月30日、店主の古沢将太さん=当時(36)=が殴られるなどして死亡した事件で、山形地検は20日、傷害致死罪でいずれも同市の会社員、森山健太容疑者(31)と飲食店経営の上野吉之容疑者(41)を、傷害罪で飲食店店長の小野陸弥容疑者(30)を起訴した。

アルバイト従業員の男性(37)は、嫌疑不十分で不起訴とした。店内で3月30日夕、古沢さんが倒れているのが見つかり、山形県警は31日に傷害容疑で4人を逮捕。その後、傷害致死容疑に切り替えて調べていた。

起訴状などによると、森山被告と上野被告は3月30日未明、店内で古沢さんの腹などを殴ったり蹴ったりして、腹腔内出血で死亡させたとしている。小野被告は顔面を殴るなどの暴行でけがを負わせたとしている。

会員限定記事会員サービス詳細