3月訪日客6万6千人 水際対策緩和で大幅増

ベトナム・ハノイから成田空港に到着した人たち=3月1日午前
ベトナム・ハノイから成田空港に到着した人たち=3月1日午前

政府観光局が20日発表した推計によると、3月の訪日客は前年同月の5・38倍となる6万6100人だった。政府が新型コロナウイルス感染症の水際対策を緩和し、ビジネス関係者や技能実習生、留学生らの新規入国を認めたため、大幅に伸びた。5万人を上回るのは東京五輪関係者の入国が増えた令和3年7月以来、8カ月ぶり。

ただ観光目的の入国は引き続き停止しており、コロナ禍前の平成31年3月と比べると97・6%減だった。

主な国・地域別の訪日客数は、ベトナム1万100人、中国9800人、韓国6700人など。東南アジアの伸び率が大きく、技能実習生の受け入れ再開が影響したとみられる。

会員限定記事会員サービス詳細