高病原性鳥インフルと確認 北海道2カ所、遺伝子解析

北海道白老町の養鶏場=16日午前11時(共同通信社ヘリから)
北海道白老町の養鶏場=16日午前11時(共同通信社ヘリから)

北海道は20日、網走市の農場と白老町の養鶏場で発生した鳥インフルエンザが、国の遺伝子解析で「H5N1型」の高病原性ウイルスと確認されたと発表した。

道によると、道内の他の農場や養鶏場では異常は確認されていない。網走市の農場では大型の鳥エミューと採卵鶏の殺処分が終了。白老町の養鶏場では採卵鶏の殺処分が進んでいる。

会員限定記事会員サービス詳細