日医会長、感染状況「GWの行動、影響大きい」

日本医師会の中川俊男会長
日本医師会の中川俊男会長

日本医師会の中川俊男会長は20日の記者会見で、新型コロナウイルスの国内の感染状況について「感染が急速に収まっている状況にあるとは言い難く、楽観視できない」と述べた。

中川氏は「ゴールデンウイーク(GW)の行動が、今後の感染状況に与える影響が非常に大きいと考えている」と指摘。ワクチン接種が進んでいない若年層を中心に、GW前の積極的なワクチン接種を求めた。

政府が検討しているワクチンの4回目接種に関しては「効果と副反応の兼ね合いの問題がある」と説明し、「現時点でエビデンス(科学的根拠)が出ている高齢者と基礎疾患のある方から始めるべきだ」との考えを示した。

会員限定記事会員サービス詳細