維新代表「政策一致した」 国民民主と参院選で「相互推薦」

記者団の取材に答える日本維新の会の松井一郎代表=20日午前、大阪市役所
記者団の取材に答える日本維新の会の松井一郎代表=20日午前、大阪市役所

日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は20日、国民民主党と夏の参院選で重視する選挙区に限定し、「相互推薦」を行う方向で最終調整していると明らかにした。両党は同日、京都、静岡選挙区(いずれも改選数2)でそれぞれが支援する候補を相互推薦すると発表。松井氏は京都で国民民主の支援を受けることについて「選挙は政策選択だ。政策が一致するグループと連携していきたい」と述べ、共闘に意欲を示した。大阪市役所で記者団に語った。

相互推薦は、京都選挙区で福山哲郎前幹事長が5選を目指す立憲民主党などにとっては逆風になるとみられる。

維新は京都選挙区を「最重点地区」と位置付け、新人候補を擁立する。松井氏は、京都は国民民主の前原誠司元外相(衆院京都2区)の強固な地盤として「非常に影響力がある」と評価。国民民主から推薦を受ける理由を「政策的に非常に近い部分がある」と説明した。

静岡選挙区では国民民主が同党系の無所属候補を擁立する。維新の候補者が不在で、松井氏によると、国民民主の要請を受け「連携しようということになった」という。

他の選挙区での協力に関しても「政策的に一致する状況の中では連携はやぶさかではない」としつつ、「政策の一致なく『立憲共産党』のような野合談合は一切しない」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細