男性を線路に突き落とし 容疑の50歳会社員を逮捕 大阪

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

JR天王寺駅(大阪市天王寺区)のホームで男性を突き飛ばして線路に転落させたとして、大阪府警天王寺署は20日、殺人未遂容疑で奈良市東九条町の会社員、大西康介容疑者(50)を現行犯逮捕した。男性は電車が到着する前に救助されたが、ふくらはぎを打撲するなどして軽傷。大西容疑者は「(男性と)肩がぶつかって、かっとなった」などと容疑を認めているという。

逮捕容疑は20日午前7時半ごろ、天王寺駅のJR関西線ホームで、大阪府和泉市の男性会社員(63)を突き飛ばし、線路に転落させたとしている。

JR西日本によると、救助が早く、ダイヤに乱れは生じなかった。

同署によると、出勤途中の府警の警察官が大西容疑者を取り押さえた。事件当時、ホームは通勤客らでこみ合っており、同署が詳しい状況を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細