ダイオウイカ漂着 福井の海岸、体長3m 水族館へ

福井県小浜市の宇久海岸に漂着したダイオウイカ=20日午後(小浜市提供)
福井県小浜市の宇久海岸に漂着したダイオウイカ=20日午後(小浜市提供)

福井県小浜市の宇久海岸で20日午前10時ごろ、体長約3メートルのダイオウイカが漂着しているのを地元漁師が見つけた。市によると、雄とみられ、発見時には餌を捉えるための触腕が切れており、瀕死の状態だったという。

ダイオウイカは深海に戻すのが難しく、同県坂井市の越前松島水族館に運ばれる予定。水族館は一般向け展示も検討している。

同水族館によると、ダイオウイカは通常、水深600メートルより深い太平洋側に生息しているとされるが、最近では日本海側でも見つかる例があるという。

小浜市里山里海課の担当者は「よく見つかるものではないので、大きさに驚いた」と話した。

福井県小浜市の宇久海岸に漂着したダイオウイカ=20日午後(小浜市提供)
福井県小浜市の宇久海岸に漂着したダイオウイカ=20日午後(小浜市提供)
福井県小浜市の宇久海岸に漂着したダイオウイカ=20日午後(小浜市提供)
福井県小浜市の宇久海岸に漂着したダイオウイカ=20日午後(小浜市提供)

会員限定記事会員サービス詳細