NY株反発、499ドル高 米企業の好決算を好感

19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比499・51ドル高の3万4911・20ドルで取引を終えた。米企業決算発表が本格化し、好業績を好感した買いが優勢となった。

朝方決算を発表したジョンソン・エンド・ジョンソンが大幅に上昇した。物価高抑制のために米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めを急いでも米経済成長が続くとの見方が強まり、消費関連の銘柄を中心に幅広く買われた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も反発し、287・30ポイント高の1万3619・66。

他の個別銘柄では、スポーツ用品のナイキや航空機のボーイングの上昇が目立った。保険のトラベラーズは売られた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細