現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

懲戒権削除でしつけ放棄招くな 長崎大学准教授・池谷和子

池谷和子・長崎大学准教授
池谷和子・長崎大学准教授

法務省の法制審議会は2月、親の懲戒権に関する規定を削除する民法改正要綱案を答申した。

懲戒権は、現行民法の822条で「親権を行う者は、(中略)監護及び教育に必要な範囲内でその子を懲戒することができる」と規定されている。これを削除し、新たな条文「親権を行う者は、(中略)監護及び教育をするに当たっては、子の人格を尊重するとともに、子の年齢及び発達の程度に配慮しなければならず、かつ、体罰その他の子の心身の健全な発達に有害な影響を及ぼす言動をしてはならない」を設けるという。

「虐待」と「しつけ」は違う

ランキング

  1. 【主張】終戦の日に 抑止力高め平和を次世代へ、首相と閣僚は靖国参拝を 論説委員長 榊原智

  2. 【産経抄】8月15日

  3. 【日曜に書く】戦後初のベストセラー『日米会話手帳』に学ぶ 論説委員・山上直子

  4. 【正論】この夏に思う 少年兵と海軍少尉に「倣いて」 文芸批評家・新保祐司

  5. 【JAPAN Forward 日本を発信】破滅への新植民地主義

  6. 【新聞に喝!】ペロシ氏訪台「自制すべきは米国」に違和感 日本大教授・小谷賢

  7. 【正論・戦後72年に思う】昭和20年8月15日が、どうして「敗戦」ではなく「終戦」なのか 防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛

  8. 【佐藤優の世界裏舞台】「政治と宗教」非難の結末

  9. 【世界の論点】ペロシ氏訪台 どうなる米中関係

  10. 【主張】日野自動車の不正 トヨタも重い責任を負う

会員限定記事