現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

懲戒権削除でしつけ放棄招くな 長崎大学准教授・池谷和子

池谷和子・長崎大学准教授
池谷和子・長崎大学准教授

法務省の法制審議会は2月、親の懲戒権に関する規定を削除する民法改正要綱案を答申した。

懲戒権は、現行民法の822条で「親権を行う者は、(中略)監護及び教育に必要な範囲内でその子を懲戒することができる」と規定されている。これを削除し、新たな条文「親権を行う者は、(中略)監護及び教育をするに当たっては、子の人格を尊重するとともに、子の年齢及び発達の程度に配慮しなければならず、かつ、体罰その他の子の心身の健全な発達に有害な影響を及ぼす言動をしてはならない」を設けるという。

「虐待」と「しつけ」は違う

ランキング

  1. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  2. 【主張】謎の4300万円 金の流れに疑念を残すな

  3. 【産経抄】5月26日

  4. 【主張】北のICBM発射 世界に弓引くのをやめよ

  5. 【正論モーニング】防衛費拡充は「火事場泥棒」なのか? 今こそ周辺有事に備える議論を

  6. 【正論】エネルギーは安全保障最優先に キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  7. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  8. 【浪速風】はじめてのおつかい

  9. 【ソロモンの頭巾】温暖化より怖い寒冷化 低下続く太陽活動と異常気象の気になる関係 長辻象平

  10. 【産経抄】5月25日

会員限定記事