台所で倒れた父親を6日間放置 容疑で37歳男逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

台所で倒れていた父親を放置したとして、大阪府警黒山署は20日、保護責任者遺棄容疑で、大阪府大阪狭山市西山台の会社員、石田順也容疑者(37)を逮捕した。父親は死亡しており、石田容疑者は「体調不良で寝ていて、死ぬとは思っていなかった」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は13日夜、自宅で同居する父の利之さん(68)が台所で倒れているのを見つけたが、医師の診察を受けさせるなど必要な措置を取らず、19日朝まで放置したとしている。

同署によると、石田容疑者は利之さんと2人暮らし。19日になって119番通報し、駆けつけた救急隊員が、その場で利之さんの死亡を確認した。

同署は司法解剖で利之さんの詳しい死因を調べるとともに、放置と死亡との因果関係を捜査する。

会員限定記事会員サービス詳細