ロシア艦艇6隻が対馬海峡北上 防衛省発表

海上自衛隊が確認したロシア海軍の「ウダロイⅠ級駆逐艦」(防衛省提供)
海上自衛隊が確認したロシア海軍の「ウダロイⅠ級駆逐艦」(防衛省提供)

防衛省は20日、ロシア海軍艦艇など6隻が対馬海峡を北上したと発表した。

海上自衛隊は19日午前9時ごろ、長崎・男女群島の西方約80キロの海域を北東へ進むロシア海軍「ウダロイⅠ級駆逐艦」1隻、「アルタイ改級補給艦」1隻、「スリヴァ級救難えい船」1隻、民間船舶3隻の計6隻を確認した。その後、6隻は対馬海峡を北上し、日本海へ抜けた。

このうち「ウダロイⅠ級駆逐艦」は3月24日に長崎・対馬の北東海域で確認されたものと同一とみられる。

会員限定記事会員サービス詳細