ブチャ殺害疑惑部隊に名誉称号 「英雄的行為」と露大統領

激しい戦闘で破壊された住宅街=4月12日、ウクライナ首都キーウ近郊ブチャ(共同)
激しい戦闘で破壊された住宅街=4月12日、ウクライナ首都キーウ近郊ブチャ(共同)

ロシアのプーチン大統領は20日までに、ウクライナが首都キーウ(キエフ)近郊ブチャで多数の民間人殺害に関与したと非難しているロシア軍部隊、第64独立自動車化狙撃旅団に「親衛隊」の名誉称号を付与した。18日付。

プーチン氏は「軍事紛争で祖国と国益を守るため英雄的行為と勇気を示した」と称賛した。

ロシア軍がキーウ近郊から撤退した後、ブチャでは約400人の遺体が路上や集団墓地で見つかった。

ウクライナ検察はロシア軍が拷問や暴力の痕跡を消そうと遺体焼却を試みたと主張し、国際人道法違反だと訴えている。

プーチン氏は「フェイクだ」と否定している。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細