電車をウクライナ国旗色にラッピング ことでん、連帯示す

ウクライナ国旗の色にラッピングされた高松琴平電気鉄道の車両=19日午前、高松市
ウクライナ国旗の色にラッピングされた高松琴平電気鉄道の車両=19日午前、高松市

「ことでん」の愛称で知られる香川県の高松琴平電気鉄道(高松市)は19日、ロシアの侵攻が続くウクライナへの連帯を示すため、同国旗の色にラッピングした車両の運行を琴平線で始めた。

琴平線の車両の下部は元々、ライン(路線)カラーの黄色。これを生かした上で、上部をことでんのマスコットキャラクターやロゴにも使われている青色にラッピングした。車両の側面には、世界平和を願い、戦禍のウクライナで働く鉄道従事者への連帯を示すメッセージが書かれている。

発案したのは、入社3年目の今井恭子さん(35)。ウクライナの現状に心を痛め「命がけで従事する人へ敬意を示すために何かできないか」との思いだったという。社長がこの案を受け入れ、実現した。

ラッピング車両のステッカーも販売予定で、売り上げの全額は在日ウクライナ大使館に寄付される。

会員限定記事会員サービス詳細