鈴木誠也が週間MVP 大谷以来の1年目4月受賞、MLB

カブスのジョニー・ワシントン打撃コーチと抱き合う鈴木誠也選手(右)=4日、メサ(AP)
カブスのジョニー・ワシントン打撃コーチと抱き合う鈴木誠也選手(右)=4日、メサ(AP)

米大リーグ機構は18日、週間MVP(11~17日)を発表し、ナ・リーグでカブスの鈴木誠也(27)が初受賞した。プロ野球広島から移籍1年目で、日本選手が新人で4月に選ばれたのは2018年のエンゼルスの大谷翔平以来。

鈴木は12日のパイレーツ戦で2本塁打を放つなど6試合で打率4割1分2厘、3本塁打、5打点をマークした。日本選手の受賞は21年7月に4度目の選出となった大谷以来。最多はイチロー(マリナーズなど)の5度で、日本勢で初受賞したのは1995年6月の野茂英雄(ドジャース)。

ア・リーグは打率4割7分8厘、2本塁打、11打点を記録したガーディアンズのラミレスが選ばれた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細