無免許で電動キックスケーター運転疑い 男を書類送検

神奈川県警本部
神奈川県警本部

ミニバイクに該当する電動キックスケーターを無免許で運転したなどとして、神奈川県警磯子署は19日、道交法違反などの疑いで、横浜市磯子区に住む契約社員の男(32)を書類送検した。容疑を認めている。

書類送検容疑は昨年8月30日午前6時20分ごろ、同区内の国道で、尾灯が付いていないなど保安基準を満たさないミニバイクに該当する電動キックスケーターを、自賠責保険に加入しないまま無免許で運転したとしている。

同署によると、男はこの約2週間前にも問題のキックスケーターを運転し、パトロール中の同署員から注意を受けていた。同署員が再び注意を与えると、男はキックスケーターを任意提出。これを受け、このキックスケーターが法律上のミニバイクに当たることを裏付けるため、県警科学捜査研究所で出力を調べるなどの捜査が進められていた。

会員限定記事会員サービス詳細