和歌山・紀三井寺 民家火災、男性1人死亡

全焼した民家=18日夜、和歌山市紀三井寺
全焼した民家=18日夜、和歌山市紀三井寺

18日午後8時35分ごろ、和歌山市紀三井寺の無職、橋本敏郎さん(81)方で「火が出ている」と付近住民などから119番があった。木造平屋建て住宅約40平方メートルが全焼するなどし、焼け跡から男性1人の遺体が見つかった。

和歌山西署によると、橋本さんは1人暮らし。署は遺体の身元確認を急いでいる。

近くに住む男性会社員(55)は「パンッという音がするので外に出ると、(民家の)窓から火が噴き出していて、こちらまで火の粉が飛んできていた」と話した。

現場はJR紀勢線紀三井寺駅の南約800メートルの住宅街。

会員限定記事会員サービス詳細