堺あおり運転 危険運転致死罪で介護士を起訴、殺人罪適用せず

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

堺市南区で今年3月、乗用車があおり運転の末にバイクに衝突し、男性を死亡させた事件で、大阪地検堺支部は19日、殺人容疑で再逮捕されていた介護士、川島陸容疑者(27)=同区=を自動車運転処罰法違反(危険運転致死)の罪に切り替えて起訴した。地検堺支部は殺人罪の適用を見送った理由について「大阪府警とともに捜査を尽くしたものの、殺意を認定するに足りる証拠が収集できなかった」としている。

事故は3月28日午後6時25分ごろ、堺市南区鴨谷台の幹線道路で発生。川島被告の車が同区城山台の会社員、北島明日翔(あすか)さん(28)のバイクに衝突し、北島さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

起訴状によると、川島被告は北島さんのバイクの進行を妨害しようと、時速64~120キロで車を運転しながら幅寄せするなどした末、右に急ハンドルを切ってバイク前部に車の右後部を衝突させ、北島さんを死亡させたとされる。

府警によると、川島被告は再逮捕時に「殺意はない」と容疑を否認していた。一方、車のドライブレコーダーからは映像を記録するSDカードが抜き取られ、事故翌日に現場近くの植樹帯で発見。川島被告が事故直後でカードを抜いた疑いも持たれていた。

会員限定記事会員サービス詳細