横浜でオレオレ詐欺 高齢男性が500万円被害

神奈川県警本部=横浜市
神奈川県警本部=横浜市

神奈川県警山手署は19日、横浜市中区に住む1人暮らしの高齢男性がオレオレ詐欺の被害に遭い、現金500万円をだまし取られたと発表した。

同署によると、80代の無職男性方に18日午前、男性の息子を装った男から電話があり、「ウオーターサーバー事業に手を出して失敗した。500万円用意して」「家の前に郵便局の女の人がいるから、渡して」などと噓を言われた。数時間後、男性方前に郵便局員を装った女が現れ、男性は現金500万円を手渡し、だまし取られたという。

同日夜、男性から連絡を受けた男性の本当の息子が、被害に遭ったことに気付いて110番通報した。同署は「犯人は留守番電話を嫌います。常に留守番電話設定を」と注意を呼びかけている。

会員限定記事会員サービス詳細