茨城・守谷市が「スワローズタウン」に ヤクルト2軍が移転 盛り上がる地元

ヤクルト2軍が移転する予定の守谷市内。手前は常磐道、中央は守谷サービスエリア、広大な土地の奥はつくばエクスプレス=守谷市大柏
ヤクルト2軍が移転する予定の守谷市内。手前は常磐道、中央は守谷サービスエリア、広大な土地の奥はつくばエクスプレス=守谷市大柏

茨城県の守谷(もりや)市が「スワローズタウン」に-。守谷市とプロ野球の東京ヤクルトスワローズは、2軍施設の同市移転に向けて協議を進めている。プロ野球2軍の本拠地が県内に置かれるのは初めて。市では2軍施設移転をきっかけに、スポーツによるまちづくりを進める一方、住民の地元への愛着心を高め広範囲な地域活性化活動にもつなげたい考えだ。(篠崎理)

交通利便性が決め手

守谷市によると、整備するのは球場やサブグラウンド、室内練習場、選手寮などで、令和8年度の開業を目指す。現在、埼玉県戸田市に2軍施設があるが、老朽化が進んでいる。元年10月の台風19号による球場浸水をきっかけに、移転先を探していた。

球団は、東京都内や埼玉県内など近くでの移転を模索したが、土地や施設の確保が困難と判断した。1軍本拠地の明治神宮野球場(東京都新宿区)へのアクセスを考慮。まとまった土地が確保できることや将来的に常磐道守谷サービスエリア(SA)にスマートインターチェンジ設置計画があることなどから、誘致に熱心な守谷市への移転を決めた。

球場などの具体的な場所や施設の概要などは、今後球団とヤクルト本社、守谷市の3者で協議を進めるが、球団側は守谷SAに近い場所を希望している。

知名度アップに期待

守谷市はつくばエクスプレス(TX)の開通で人口が急増。住環境も良いことから民間企業の調査によるさまざまな「全国住みよい街」で上位にランキングされる。近年はIT(情報技術)や英語などの教育の充実ぶりも注目されるものの、全国的には市の知名度は低いといえる。横浜市から移り住んだ男性(40)は「最初は自分も『もりたに』だと思っていた」と笑う。

プロ野球の2軍が置かれると、シーズンオフを中心にテレビのスポーツニュースやスポーツ紙で取り上げられることが多く、市の知名度アップにもつながる。

さらに、若手選手を見に熱心なファンが訪れるほかイースタン・リーグの試合も年間約60試合行われ、経済効果も期待できる。

守谷市の松丸修久市長は「ヤクルトは健康飲料を販売していてイメージもいい。プロ野球球団が来れば市民に夢を与えられる。その波及効果をさまざまな市政運営に生かしたい」と歓迎する。

市では移転が本格化すれば、TX守谷駅や守谷SAに「ようこそスワローズタウン 守谷市へ」のような横断幕などの掲示も検討。このほか、市民向けの野球教室開催などが考えられるという。松丸市長は「野球だけでなく他のスポーツにも広げて市民にスポーツに親しんでもらい健康づくりに役立てたい」と話している。

会員限定記事会員サービス詳細