フォト特集

週間MVPカブス鈴木が止まらない 9試合連続安打継続中

レイズ戦でシングルヒットを打つシカゴ・カブスの鈴木誠也=18日、米シカゴのリグレーフィールド(USA TODAY )
レイズ戦でシングルヒットを打つシカゴ・カブスの鈴木誠也=18日、米シカゴのリグレーフィールド(USA TODAY )

米大リーグは18日、各地で行われ、カブスの鈴木はシカゴでのレイズ戦に「4番・右翼」で先発し、四回の左前打でデビュー戦からの連続試合安打を9試合に伸ばした。日本選手では2007年の岩村明憲(デビルレイズ=現レイズ)に並び、最長となった。

米大リーグ機構は同日、週間MVP(11~17日)を発表。ナ・リーグで鈴木が初受賞した。日本球界から移籍1年目の新人が4月のMVPに選ばれたのは18年のエンゼルスの大谷翔平以来。(共同)

レイズ戦の4回、左前打を放つカブス・鈴木。デビュー戦からの連続試合安打を9試合に伸ばした=シカゴ(共同)
レイズ戦の4回、左前打を放つカブス・鈴木。デビュー戦からの連続試合安打を9試合に伸ばした=シカゴ(共同)
レイズ戦の4回、左前打を放ったカブス・鈴木。デビュー戦からの連続試合安打を9試合に伸ばした=シカゴ(共同)
レイズ戦の4回、左前打を放ったカブス・鈴木。デビュー戦からの連続試合安打を9試合に伸ばした=シカゴ(共同)
レイズ戦の4回、左前打で二塁を狙うカブス・鈴木。タッチアウトとなった=シカゴ(共同)
レイズ戦の4回、左前打で二塁を狙うカブス・鈴木。タッチアウトとなった=シカゴ(共同)
レイズ戦の4回、左前打で二塁を狙うカブス・鈴木。タッチアウトとなった=米シカゴ(USA TODAY )
レイズ戦の4回、左前打で二塁を狙うカブス・鈴木。タッチアウトとなった=米シカゴ(USA TODAY )
レイズ戦の7回、ハップの適時打で生還しベンチで迎えられるカブス・鈴木=シカゴ(共同)
レイズ戦の7回、ハップの適時打で生還しベンチで迎えられるカブス・鈴木=シカゴ(共同)
レイズ戦の7回、ハップの適時打で生還し、シュウィンデル(18)に迎えられるカブス・鈴木=シカゴ(共同)
レイズ戦の7回、ハップの適時打で生還し、シュウィンデル(18)に迎えられるカブス・鈴木=シカゴ(共同)
レイズ戦に「4番・右翼」で先発したカブス・鈴木=シカゴ(共同)
レイズ戦に「4番・右翼」で先発したカブス・鈴木=シカゴ(共同)
カブス一塁手フランク・シュウィンデル(左)と勝利を祝う鈴木誠也=18日、米シカゴのリグレーフィールド
カブス一塁手フランク・シュウィンデル(左)と勝利を祝う鈴木誠也=18日、米シカゴのリグレーフィールド
レイズに勝利し、チームメートとタッチを交わすカブス・鈴木(左)=シカゴ(共同)
レイズに勝利し、チームメートとタッチを交わすカブス・鈴木(左)=シカゴ(共同)

会員限定記事会員サービス詳細