ごみ集積所に乳児遺体 川崎のマンション

神奈川県警本部=横浜市
神奈川県警本部=横浜市

19日午後0時50分ごろ、川崎市中原区小杉町にあるマンションのごみ集積場で、清掃に来たマンション管理会社の関係者が男の乳児の遺体を発見。連絡を受けた管理会社が110番通報した。神奈川県警中原署は死体遺棄事件とみて調べを始めた。

マンションは5階建てのオートロックで、ごみ集積場は玄関奥の1階にある。住人だという若い男性は「これまで赤ちゃんの声は聞いたことがない。ごみ集積場にはオートロックを解錠しなければ入れないはずだが」と困惑した様子で話した。

現場はJR南武線武蔵小杉駅から北西へ約600メートルの住宅街。

会員限定記事会員サービス詳細