NY株続落、39ドル安 インフレで消費減退懸念

ニューヨーク証券取引所のあるウォール街を示すサイン(ロイター)
ニューヨーク証券取引所のあるウォール街を示すサイン(ロイター)

週明け18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、復活祭前の14日より39・54ドル安の3万4411・69ドルで取引を終えた。高インフレによる消費減退や企業業績の悪化を懸念した売りが優勢となった。

原油先物相場が上昇し、ガソリン高などによって米景気が減速するとの警戒が高まった。米長期金利の上昇を受けて、利ざやの改善が意識された金融株は買われた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も続落し、18・72ポイント安の1万3332・36。

個別銘柄では、娯楽・メディアのウォルト・ディズニーや機械のハネウェル・インターナショナルの下落が目立った。金融のゴールドマン・サックスは買われた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細