序盤で4点リードも逆転負け 阪神・西勇が最短KO

【DeNA―阪神】五回、DeNAの宮崎に勝ち越しの適時二塁打を許す阪神先発の西勇=4月19日、横浜スタジアム(安部光翁撮影)
【DeNA―阪神】五回、DeNAの宮崎に勝ち越しの適時二塁打を許す阪神先発の西勇=4月19日、横浜スタジアム(安部光翁撮影)

開幕から好調を維持してきた右腕が、この日は別人のようだった。19日のDeNA戦で阪神先発の西勇は二回までに4点の援護をもらいながら、今季最短の4回⅓で5失点KO。5-4で敗れ、矢野監督は「切れが本来の感じではなかった」と首をかしげた。

二回は四球と連打で招いた無死満塁から、田中俊の内野安打などで2失点。四回は宮崎、大和の連続二塁打で1点差とされ、2死後に代打藤田に右前へ運ばれ追い付かれた。続く五回、1死一、二塁から宮崎に勝ち越しの適時二塁打を許し、ここで降板となった。

前回5日の対戦では7安打で完封し、チームに今季初勝利をもたらした。試合前までの防御率は0・40。その抜群の安定感が噓のように精彩を欠き、序盤のリードをふいにする投球だった。(上阪正人)

会員限定記事会員サービス詳細