セブン、社外取締役を追加 米ウーバーイーツ創設

「セブン&アイ・ホールディングス」の看板
「セブン&アイ・ホールディングス」の看板

セブン&アイ・ホールディングスは19日、5月26日の株主総会で提案する社外取締役候補に、米ウーバーイーツ創設メンバーのエリザベス・マイヤーダーク氏を追加すると発表した。全体として、井阪隆一社長ら社内出身の取締役6人と社外取締役9人の計15人を諮ることになる。

セブンは、マイヤーダーク氏がデジタル技術やマーケティングに関する幅広い知見を持つと説明した。「物言う株主」として知られる米投資会社バリューアクト・キャピタルから、取締役会の過半数を社外取締役にするよう求められていた。

会員限定記事会員サービス詳細