米、オンライン会合開催へ 同盟国と対露連携協議

12日、米アイオワ州の空港で報道陣の取材に応じ、プーチン露大統領を非難するバイデン米大統領(AP)
12日、米アイオワ州の空港で報道陣の取材に応じ、プーチン露大統領を非難するバイデン米大統領(AP)

米ホワイトハウスは18日、バイデン大統領が19日午前(日本時間同日夜)に同盟・友好国と共にオンライン会合を開催し、ウクライナ支援とロシアの責任追及を巡る連携策について協議すると発表した。参加国は明らかにされていないが、欧州諸国のほか、日本も含まれているとみられる。

ウクライナ支援をめぐっては、ロシアがウクライナ東部に侵攻の焦点を移す中、米欧は火力を重視した軍事支援を加速させており、財政や人道面での支援と併せて意見交換する可能性がある。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細