NY原油続伸、108ドル台 3週間ぶり高値

連休明け18日のニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は4営業日続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の5月渡しが連休前の14日と比べて1・26ドル高の1バレル=108・21ドルと、約3週間ぶりの高値で取引を終えた。

ロシアとウクライナの戦闘が長期化するとの警戒感に加え、リビアの主要油田の操業停止が伝わったことも供給への不安感を高め、買い注文が優勢となった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細