小型機事故の死者2人に 佐賀・有明海、機体を捜索

佐賀県沖の有明海で救助活動にあたる海上保安官ら=18日(第7管区海上保安本部提供)
佐賀県沖の有明海で救助活動にあたる海上保安官ら=18日(第7管区海上保安本部提供)

佐賀県沖の有明海で民間の小型機が不時着したとみられる事故で、第7管区海上保安本部(北九州)は19日、救助され、意識不明の重体だった80代男性の死亡を確認したと発表した。事故の死者は計2人になった。海保は19日早朝、見つかっていない機体の捜索を再開した。

海保と国土交通省などによると、60~80代の男性3人が搭乗。18日に熊本県阿蘇市の場外離着陸場を飛び立った。18日午後3時50分ごろ、レーダーから機影が消えたと自衛隊から海保に連絡があった。

3人は、福岡県大牟田市にある三池港の西約10キロの海上で発見された。死亡した2人はいずれも80代の男性で、60代の男性は搬送時に意識があったという。

国交省は航空事故と認定。運輸安全委員会は航空事故調査官2人を指名し、原因を調べる。

小型機不時着か1人死亡 佐賀・有明海、1人重体

会員限定記事会員サービス詳細