カーナビ認証キー改竄か 無職の男逮捕

千葉県警は19日、カーナビの更新に必要な認証キーのデータを改竄(かいざん)して販売したとして、不正競争防止法違反の疑いで、岡山市北区津島西坂、無職、川上一寿容疑者(50)を逮捕した。

逮捕容疑は令和3年8~11月、カーナビの地図データ更新に必要な認証キーのデータを改竄し、計33個を計13万2千円で販売したとしている。

認証キーは数字やアルファベットの組み合わせが多い。県警によると、使用済みで使えなくなった認証キーを改竄し、再び使えるようにしていた。

インターネットオークションで販売しており、調べに対し「生活費などの足しになればと思った」と供述したという。県警は、川上容疑者が地図データを販売していた形跡も確認しており、著作権法違反での立件も視野に捜査する。

会員限定記事会員サービス詳細