秋田の養鶏場で鳥インフル、約400羽殺処分

秋田県は19日、大仙市の養鶏場で高病原性とみられる鳥インフルエンザを確認したと発表した。遺伝子検査で陽性が判明、この養鶏場の採卵鶏約400羽の殺処分を始めた。

県によると、18日午後に養鶏場の獣医師から鶏が相次いで死んでいると連絡があり、簡易検査で陽性が判明。遺伝子検査で「疑似患畜」と確定した。殺処分は2~3日で終える見通し。

鶏や卵の搬出が制限される半径10キロ以内に、他に養鶏場はない。

会員限定記事会員サービス詳細