現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

世界の論点

インド、対ロシアで融和姿勢

1日、インドのニューデリーで会談に臨むロシアのラブロフ外相(左)とインドのジャイシャンカル外相(ジャイシャンカル氏のツイッターから、AP)
1日、インドのニューデリーで会談に臨むロシアのラブロフ外相(左)とインドのジャイシャンカル外相(ジャイシャンカル氏のツイッターから、AP)

ウクライナに侵攻したロシアへの直接の批判を避け、制裁にも加わらないインドの姿勢に対し、欧米諸国が懸念を強めている。インドメディアは、対露圧力を強める欧米諸国とは一線を画す独自外交に理解を示しつつ、過度のロシア傾斜にはくぎを刺した。中国とロシアの結びつきを「地政学的脅威」とみる米国は、インドの取り込みを慎重に進めるが、識者はバイデン米政権の価値観外交が障害となる可能性も指摘している。

≪ポイント≫

ランキング

  1. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  2. 【産経抄】5月25日

  3. 【正論】中絶の「死の文化」を広げぬため 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン

  4. 【主張】クアッド首脳会合 「対中抑止」を一歩進めた

  5. 【浪速風】はじめてのおつかい

  6. 【主張】拉致と米大統領 日米の結束で決断を迫れ

  7. 【長州正論詳報】「なぜ今、河合栄治郎なのか」湯浅氏が持論

  8. 【産経抄】5月24日

  9. 【ソロモンの頭巾】長辻象平 ヒラメの応援団 処理水海洋放出「安心」に一役

  10. 【主張】日米首脳会談 同盟で台湾防衛に当たれ 日本はIPEFに積極関与を

会員限定記事