パナソニック、4年度に週休3日制試験導入

パナソニックホールディングス(HD)は18日、希望する社員が週休3日で働ける「選択的週休3日制」を本年度中に試験導入すると明らかにした。間接部門を担う傘下企業など国内約5千人が対象で、将来は他の事業会社への拡大も検討する。制度の詳細は今後詰める。社員の介護や子育て、副業などを後押しし、多様な働き方につなげる狙いがある。

人事を担当するパナソニックHDの三島茂樹執行役員がオンライン説明会で発表した。希望社員の1日当たりの所定勤務時間は変更せず、月間の所定時間を減らす方向で調整する。給与は労働組合と協議を進める。週休3日を実際に選択する人数の目安は明示しなかった。

会員限定記事会員サービス詳細